私立大 倍率と合格者数の増減!


 

昨今は私立文系が合格者数を減らしています。おそらく今年度もさらに難しくなってくることが予想されます。特に、昨年度は立命館や南山大学は大きく合格者数を減らしましたね。

 

そこで、2017年度→2018年度の倍率と合格者数の推移をお伝えしますね。(愛知県と塾生が受験する大学をピックアップ!)

 

2017年→2018年

 

■青山学院大学 合格者数 8064名→7,313名 倍率7.0倍→7.9倍

■同志社大学 16,988名→16,143名 3.3倍→3.6倍

■立命館 28,142名→24,995名 3.3倍→3.8倍

■南山大学 9,060名→7,018名 2.9倍→3.6倍

■愛知大学 6,267名→6,377名 3.3倍→3.4倍

■中京大学 8,643名→8,215名 3.9倍→4.5倍

■名城大学 10,993名→11,011名 3.4倍→3.4倍

 

昨年は関関同立やMARCHのみならず、中堅日東駒専や、産近甲龍まで影響が出てきました。そのため、今年は愛知県の私立大学も影響を受け、2019年度も厳しい状態が加速するように思われます。

 

志望校選びはよく注意して考えましょう!

 

↓★公式ラインアカウントはこちらです★↓

 

line

↑画像をクリックすると友達登録できます!

質問がある方は何でもお気軽にご相談ください。

 

受験に役立つ情報や現役生の声、皆さんが知らない穴場の受験方式などをお伝えします。

 

また、オープンキャンパスの日程や願書の締め切り期日も配信していきますので、リマインダー機能としても使えます。

 

是非登録お願いします!