推薦試験の自分一人での面接練習方法! Part 1


 

そろそろAO、公募推薦の試験が近づいてきましたね。小論文や推薦の対策で忙しい時期だと思います。ただ、この時期当然学校の先生も忙しくなりますよね。小論文の添削や面接の練習をお願いするにも、毎日というわけにはいきません。そこで、今回は一人でする面接の練習方法と面接の注意点についてです。実は私は以前「経営コンサルタント」として働いていました。学生の採用など幅広く活動し、毎年受験生の面接をしているので、皆さんにノウハウをお伝えしていきますね!

 

↓★公式ラインアカウントはこちらです★↓

 

line

↑画像をクリックすると友達登録できます!

質問がある方は何でもお気軽にご相談ください。

 

受験に役立つ情報や現役生の声、皆さんが知らない穴場の受験方式などをお伝えします。

 

また、オープンキャンパスの日程や願書の締め切り期日も配信していきますので、リマインダー機能としても使えます。

 

是非登録お願いします!

 

面接の注意点

 

  • 表情が大切! 「そんな事当たり前でしょ!」と思う方が多いかもしれませんが、笑顔一つでも全然違います。まずは、鏡を見て笑顔を練習する事から始めましょう!毎日1分で良いので自分の笑顔を確認するのが良いです。

 

  • 受け答えは、なるべく短い文で結論からはじめる。例えば、面接官から「最近気になったニュースは何ですか?」と聞かれたとき。

 

悪い例:1週間前新聞を見ていたら、アメリカと中国が貿易戦争をおこしていて、世界の経済が悪くなりそうで心配だというニュースを見ました。

 

まず、1つの文章が長いです!1つの文章が長いと相手に伝えにくいです。また最初は余分な事は省いて結論から話せる事を目指します。

 

良い例:アメリカと中国の貿易戦争です。今後の世界経済の先行きが悪くなりそうで不安になりました。

 

まず、どんなニュースが気になったか、結論から考えます。そして、その後詳しい事を話します。

 

  • 質問にきちんとこたえる。実は質問に答えていない人が多いです!例えば

面接官:昨日はどこにいましたか?

悪い例:昨日は友達と英語の勉強をしていました。

 

「どこ?」と問われているので本来であれば、「図書館」「名古屋」など場所を答えないといけないのに、「友達と勉強していた」と、自分のしたことを話していますね。面接官の質問に答えていないわけです。

良い例:図書館にいました。英語のテストのための勉強をしていました。

 

きちんと場所に答えていますね。

 

これ、意外と多いんです。。きちんと質問に答えるように普段から気を付けましょう。

 

part2では、自分一人での練習方法をお伝えします!