中学校で通知表「1」からの名城大学合格!


世間では「逆転合格」というキャッチコピーがもてはやされています。例えば「偏差値30台からの早稲田、慶應」や「ビリギャル」みたいな話ですよね。

 

ただそういった方がいるのは事実ですが、「東大」や「早稲田、慶應」と言われてもどこかピンとこなと思います。

 

そこで今回は私の教え子のAさんの例をお話しします。

 

Aさんは、私がまだサラリーマンとして塾で勤務している時に授業を担当していました。その時Aさんは数学が苦手だからどうにかしてほしいとの事でした。どれくらい苦手かというと、

 

 数学の通知表が「1」です(´;ω;`) 

 

ただその後本当にがんばって軌跡的に第一希望を合格しました。

 

そして、3年後。。。。

 

Aさんから連絡が。

 

「先生、大学行きたいです!勉強教えてください!」

 

と。昔から見た目が派手で一見チャラそうなAさん。話を聞くと途中高校を辞める事も考えたいたとか。もちろん勉強は全くしていないです。連絡をもらったのは高3の7月くらいだったかな。そして

 

 偏差値は何と20台( ゚Д゚)

 

そんな悠長な事をいってもいられないのですぐ勉強し始めました。とにかく時間がないのでまずは志望校を決めて、合格のために優先順位をつけて戦略を立てます。受験までの半年間、毎日本当にがんばって、模試の結果を見て毎回一喜一憂して何とか合格を成し遂げました!

 

彼女は確かに最初の学力は低かったですが、やると決めたらやる生徒でした。他の子より努力できる素質はあったと思います。

 

ただ僕が伝えたい事は、

 

東大、京大などは難しいかもしれませんが少なくとも愛知県の大学であれば誰でも、今からでも十分合格するチャンスはあるという事です!!

 

だから受験生のみなさん、十分可能性はあるのであきらめずに頑張って欲しいと思います!

 

↓★公式ラインアカウントはこちらです★↓

 

line

↑画像をクリックすると友達登録できます!

質問がある方は何でもお気軽にご相談ください。

 

受験に役立つ情報や現役生の声、皆さんが知らない穴場の受験方式などをお伝えします。

 

また、オープンキャンパスの日程や願書の締め切り期日も配信していきますので、リマインダー機能としても使えます。

 

是非登録お願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です